memo

特別にアウトプットしたい諸々

14.広島東洋カープ

球団史上初の三連覇。今年の春先は、さすがに三連覇は難しいのでは…と思っていました。こんなに強くなるなんて。5年位前は、想像していませんでした。

 

14.広島東洋カープ

 

広島出身です。大学進学で関西に出てくるまでは、生粋の広島人でした。

子供の頃は、伯父や父がガチの鯉党だったので、毎シーズン市民球場に行っていました。当時の球場は野次が凄くて、それが当たり前だと思ってたなあ。実家の近所に監督やコーチ陣が住んでいて、同級生の親が監督だったりもしたので、カープはとても身近な存在でした。

進学してからは、離れた分、一層カープの情報を収集するようになって。広島と自分を繋ぐ縁だと思ってました。

その頃のカープはめちゃくちゃ弱くて!万年5位、6位で、話題が無さすぎてカープ犬ミッキー君とか、ブラウン監督のベース投げとかがスポーツニュースに取り上げられて、「それしかネタ無いもんねえ…」と思いながら。優勝争いに加われない悔しさ、情けなさを感じながらも、ファンも、たぶん選手も、負け犬根性が染み付いてしまっていたんだろうと思います。

新井さんが「優勝できるチームでプレーしたい」と言ってFAした時、悔しくて悔しくて。出て行かないで、と球団宛に、泣きながらメールを送った夜のことは今でも忘れられないです。可愛さ余って憎さ百倍的に、もう一生、許せる日は来ないだろうと思っていました。

その新井さんが引退するその年に、三連覇を達成。新井さんが、黒田さんが帰ってきてくれて。若い選手たちの成長を加速させてくれて、チームをひとつに纏め上げてくれて。

本当に強いチームになりました。今はチームに居ないけど、マエケンや琢朗さんの「俺たちは勝てる!」と言いきってくれた、前を向かせてくれた言葉たちのおかげでもある。有能すぎるスカウト陣のパワーも素晴らしい。

サヨナラ勝ちをした9/23のズムスタでしみじみ思った、ファンの声援が、10人目の選手なんだと思いました。投手が苦しくなった時に、自然に巻き起こる声援、拍手。届いている、力になっている、と実感できました。

 

 

カープが広島にいてくれるだけで幸せ。

怪我なく元気でプレーしてくれたら、もっと幸せ。

試合に勝ってくれたら、一日中幸せ。

Aクラスに入ったら、強くなったなあ、頑張ったもんねえと晴れがましい。

優勝したら、まるで夢みたい。長い長い夢を見てたのかなと信じられない気持ちでふわふわ。

二連覇したら、だってこんなに良いチーム、球団なんだもん、と誇らしく思いつつ、でもどこかで、嘘みたい、信じられない。

日本シリーズ進出を逃して、ああ…ほらやっぱり大事なところで勝てないんだ…と、万年5位だった頃の弱さを思い出して卑屈な気持ちに)

そして、三連覇。強くなったなあ、あんなに頑張ったもんね、と涙しか無かった。

優勝決定戦で、10-0という、完璧に強いカープ野球を魅せてくれたのが、本当に嬉しい。九里のパーフェクトなピッチング、誠也の気迫溢れるヘッドスライディング、先発全員安打、猛打賞、中崎の三者三振。強い!

 

個人的に、野間が大ブレイクしたことが本当に嬉しくて。毎年キャンプでバットを振りまくって、掌を豆だらけにして頑張ったのを見ていたから、本当に本当に嬉しいです。

 

毎年、中国新聞で、選手の年俸をチェックして、ちゃんと皆が評価されているか見守っていた鯉党の伯父が四月に逝去して。どうやってこの三連覇を伝えたらいいんだろう、と考えていた数週間でした。きっと天国で観て、喜んでるよね。おじちゃん、カープ、三連覇したよ!凄いよね!!!

f:id:shiofever:20180926222032j:image

 

【解説】広島 今季圧勝 その理由 | NHKニュース

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180926/k10011645491000.html

 

13.映画館2

銀魂2」3周目は、福田雄一監督と万事屋による副音声付き上映行ってきました!楽しかったー!

こういう、「座席に座って、静かに映画だけを見つめて楽しむ」以外の楽しみ方は人生初だったので、かなり新鮮でした。4DXは除く。

応援上映も興味津々なんだけど、「シン・ゴジラ」並に熱狂できる映画があれば行きたいなあ。


先日から、映画館はオワコンなのか?ということを延々と考えていて。とりあえず、映画館での鑑賞を楽しめない人は損してるんじゃないかなーという結論に至っています。(映画館の暗闇や閉塞感が苦手、という方はいらっしゃると思うけど)いろんな配信サービスで映画コンテンツを楽しめばいいんじゃない、わざわざ映画館に行く必要性を感じないなーーーという方々が周りにいらっしゃるんですが、とてもとても勿体ないと思う!

映画も演劇もミュージカルもコンサートもそうだけど、全力でそのコンテンツに集中して、一瞬足りとも逃さない!という集中力で臨まないと申し訳なくなるような作品を観るときのロケーションとして最高じゃないですか。自宅のテレビやPCやタブレットで観ると心が痛むコンテンツってたくさんある。私の中で映画は最たるものです。Amazonプライム・ビデオもNetflixGYAO!もdTVもTVerも観まくっているけど、映画館は別物です。

俳優さんや製作陣の方々に敬意を表し、居住まいを正して2時間集中して、全力で鑑賞して楽しむ、最高に贅沢な時間です。消費したくないもの。


で、「銀魂2」を副音声付きで鑑賞して、さらに幸せな気持ちになりました。大好きなコンテンツを、そうそうここめっちゃ好き!とか、沖田総悟かっこよすぎて死ぬわとか、ここの土方十四郎サイッコーすぎん?とか、近藤さんのこの表情やばすぎないですか???(ていうか本当、中村勘九郎さん神がかってる)とか、ひとりで悶絶しまくっていたシーンを、福田監督と銀さんと新八と神楽が耳元でわいわい喋ってくれるのが本当に楽しい。(佐藤二朗ムロツヨシのシーンだけは「頼む喋ってくれるな」と思ったけれども~キャバクラの店長ほんと面白すぎて何回観ても笑い死ぬ)

副音声をめっちゃ堪能しながら、改めてあーーー本当に良い映画だな!と噛み締めていた…真選組最高です。


一緒に楽しんでる感じが凄く良い。裏話とか撮影秘話が聴けるのもすごく嬉しいんだけど、なにより、好きなコンテンツを、私以上に好きな人達が愛を持って喋り倒しているのを聴くのがほんっとに楽しい。嬉しい。幸せです。こういう楽しみ方を提示してくれるのが、本当に素敵だなと思います。


この間、「カメラを止めるな!」をすこし大きめの映画館で観たのですが、未だに後悔していて。元町映画館で観れば良かったなあって。(上映開始まで2週間ほどあって、待ちきれなかった…)その映画をMAXまで楽しむためのハコの雰囲気もすごく重要だなと、しみじみ思いました。大きな映画館が悪いわけじゃなくて、その映画が最大限マッチする舞台装置ってあるよな、と。


映画館での鑑賞方法は、どんどん進化していってほしいなと思います。映画館オタクを楽しませてほしい。最高の娯楽なので。


それにしても、キャバクラでの桂は美人すぎたわ。さすがだわ。

f:id:shiofever:20180919232935j:image

入場特典のミニポスターを貰えてめっちゃ嬉しい!!

12.ズムスタ

広島出身です。なので子供の頃からカープファンです。一族郎党、生粋の鯉党なので、法事などで集まったらだいたい試合中継にチャンネルを合わせるし、カープトークになります。笑
今年も無事、リーグ優勝できそうなので(三連覇とか、いまだに夢じゃないかなと思う…)カープ球団や選手については改めてまとめるとして、今回はズムスタの好きなところ&フォトアルバムをまとめます。

12.Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島マツダスタジアム

2007年11月26日に起工、2009年3月に竣工式、同年4月から公式戦が開催されました。広島市民球場を愛してやまなかったので(古さ、不便さは承知のうえで)新しい球場なんて…という気持ちが無いでもなかったですが、初めて足を踏み入れたときは感動に震えました。
松田オーナー、ありがとうございます!!!と。
工事中は、入団する岩本のHRが出やすいようにレフトのフェンスを低くするんだ~的なことしか聞いてなくて、大丈夫なのかこのスタジアム…と思ったことをよく覚えている。あと、結局、予算的にドーム型は見送りになって、結局雨天中止への対策は無しかとがっかりもした(オープン型を愛しているけど、雨天中止が多いのも悲しいし)
でも、オープン型で良かったです!デイゲームの青空、ナイトゲームの夕暮れの美しさは最高だし、吹き抜ける風の気持ちよさを感じたくて、試合を見に行くとつい回遊してしまいます。
他の球場に行くこともありますが、なかなか回遊しづらいので、ズムスタに慣れた身だと「散歩できないストレス」を若干感じてしまうほどに。笑

どこを撮っても絵になるズムスタ、大好きです。

f:id:shiofever:20180904153141j:plain

f:id:shiofever:20180904153251j:plain

f:id:shiofever:20180904153412j:plain

f:id:shiofever:20180904153451j:plain

f:id:shiofever:20180904153520j:plain

f:id:shiofever:20180904153559j:plain

f:id:shiofever:20180904153635j:plain

f:id:shiofever:20180904153704j:plain

f:id:shiofever:20180904153742j:plain

f:id:shiofever:20180904153803j:plain

f:id:shiofever:20180904153852j:plain

f:id:shiofever:20180904153943j:plain

f:id:shiofever:20180904154026j:plain

f:id:shiofever:20180904154106p:plain

f:id:shiofever:20180904154147j:plain

一塁側内野席で観戦できた時は幸せすぎて。。。メジャーに行く前のマエケン

f:id:shiofever:20180904154302j:plain

そして、、、黒田さん!!!

f:id:shiofever:20180904154557j:plain

f:id:shiofever:20180904154640j:plain

f:id:shiofever:20180904154722p:plain

f:id:shiofever:20180904154826p:plain

f:id:shiofever:20180904155015j:plain

そして今シーズンの私のレプリカユニは37番!野間!!

f:id:shiofever:20180904155121j:plain

そして赤松!一軍で俊足を観たいです、待ってます!!!(エルドレッドとの対格差すごい)

f:id:shiofever:20180904155210j:plain

ズムスタで好きなスポット。

f:id:shiofever:20180904155347j:plain

f:id:shiofever:20180904155412j:plain

f:id:shiofever:20180904155435j:plain

そして!ズムスタと言えば!フードメニューの充実っぷり!いつも選手コラボメニューを食べてしまうので、他にも気になるお店はたくさんあるのに、全然制覇できていません。シーズン毎日通ったら満足できるのでは…と思うくらい、フードは充実しています。

f:id:shiofever:20180904155636j:plain

f:id:shiofever:20180904155703j:plain

f:id:shiofever:20180904155810j:plain

観戦時はだいたい選手コラボメニューを食べています。

f:id:shiofever:20180904155946j:plain

f:id:shiofever:20180904160007j:plain

f:id:shiofever:20180904160039j:plain

f:id:shiofever:20180904160235j:plain

f:id:shiofever:20180904160308j:plain

f:id:shiofever:20180904160341j:plain

f:id:shiofever:20180904160537j:plain

f:id:shiofever:20180904160615j:plain

カープうどんも食べますし!

f:id:shiofever:20180904160639j:plain

フードの写真めっちゃ充実してしまった!

試合を見るだけでも十分楽しいのに、回遊して素敵な景色を発見したり、何を食べるか真剣に悩んでみたり、変わり種シートで観戦してみたり(いつか寝ソベリアで観たい…!)、記念プレートを見て感動を思い起こしては涙してみたり。という、「楽しみ」がめちゃくちゃ詰まったスタジアムなのでした。

チケットが本当に取りにくくて、あの問題は本当何とかならないかなと思うのですが、昔、「今日、シーズン最終戦だし、試合観に行く?」「チケットあるかな、もう10時だよ」→取れた。という時代よりは全然いい。がらがらの球場より、全然いい!

私の今シーズンのズムスタ観戦はあと一試合あるのですが、たぶんもうリーグ優勝は決まっているのではと思うので。野球そのものと、ズムスタの魅力を最大限に堪能してきます。

f:id:shiofever:20180904171834j:image

11.映画館

休日の朝イチに、映画館に行くのが好きです。月2回は必ず行っているかも。キャラメルポップコーンとアイスティーを片手に上映を待つ、あの高揚感がたまらなく好きです。

 

11.映画館での映画鑑賞

 

自宅でAmazonプライム・ビデオやNetflixGYAOを日常的に観るけれど、集中度合いがまるで違うし、大事に観たい作品は可能な限り、映画館に行きます。

昨日、友人と「映画館と自宅、どっちで観るか」と議論していたのですが(友人は年1,2回しか劇場に行かない)なるべく休日の朝イチに映画館に行きたい派の私は、映画を観ることで「休日の時間が倍増した」充実感を得るのが好きなのかもしれません。アクティビティの一種。

神戸、大阪、広島で、いろんな映画館に行きましたが、この夏にある映画館に行って「箱」って大事だな!と実感しました。

ということで、お気に入りの映画館TOP3について(現存しているシアターのみ)。


No. 1:八丁座(広島)

https://johakyu.co.jp

なにもかもが素晴らしいシアターです。こんなに素敵な雰囲気、設備、スタッフさんの映画館は初めてで、衝撃的ですらありました。

全体的に和風テイストで、歌舞伎っぽい緞帳が印象的。座席は広々として、ラグジュアリーで、とにかく居心地が良すぎる!カウンター席や座敷っぽい席もありました。いつかあそこで観たいな。

飲食持ち込みOKなのですが、コンセッションのカフェのメニューもとても素敵で美味しそう。

上映前にかかる予告編のどれもに「面白そう!絶対観たい!」と思ってしまうのは、映画館自体の素晴らしさでテンション上がってるからかなと思います。

毎回ここで映画を観れたら、本当に幸せだろうなと思える映画館です。

f:id:shiofever:20180902100931j:image
f:id:shiofever:20180902100934j:image
f:id:shiofever:20180902100928j:image
f:id:shiofever:20180902100925j:image


東急ハンズ内にある、同系列のサロンシネマも素晴らしい!

座席ひとつひとつに名画のセリフが記されていて、「こ、これはあの作品の!」って当てるのが楽しいです。

f:id:shiofever:20180902101003j:image
f:id:shiofever:20180902101006j:image

本当、映画好きによる、映画好きのための映画館ですね。愛だ。

追記

2010年の記事を発見。

広島・福屋に新映画館「八丁座」-芝居小屋をイメージ、「広島力」結集

https://hiroshima.keizai.biz/headline/928/


No.2:109シネマズ大阪エキスポシティ/IMAX次世代レーザー(大阪)

https://109cinemas.net/osaka-expocity/

ダンケルク」3周目を観にわざわざ行ったわけです、エキスポシティまで。友人は岐阜からはるばるIMAXで観るためにやってきました、新幹線で。

その価値は十二分にありました、高さ18m超、横幅26m超の巨大スクリーンは想像以上だった!とにかく迫力が凄い!映画の世界への没入具合が全然違う。未知の体験でした。「ダンケルク」の空と海が広い!高い!銃声やスピットファイヤの爆音が腹の底にビリビリと響いてくる。まるで違う映画を観ているようでした。

もう少し近くにあったら通うのになあ…!早くIMAXが当たり前の時代になればいいのにな。

ダンケルク」上映当時、クリストファー・ノーランの監督の直筆サインを展示していて、それもポイント高かったです!

f:id:shiofever:20180902101457j:image
f:id:shiofever:20180902101459j:image

 

No.3:元町映画館(神戸)

https://www.motoei.com

神戸で単館系といえばシネリーブル神戸ですが、2010年に突如として商店街内にオープンしたこちらは、「あーっそれかけてくれますか!まじですか!ありがとうございます…!」と拝みたくなるような作品群を上映してくれる素敵なミニシアターです。

上映スケジュールが出るたびにチェックして、知らなかった作品でも観たくなることがしょっちゅうです。元映のスタッフさんの目を信用しているというか。タイミングが合わなくて見逃した作品もめっちゃある!悔しい!

そして今までで一番悔しかったのは、「世界でいちばん美しい村」石川梵監督のトークショーに駆け付けられなかったことです。仕事休んででも行けば良かった…!

f:id:shiofever:20180902101533j:image

 


そして自分用に、過去2年間、映画館で鑑賞した作品のメモを。

 

2018.8.25「銀魂2」@OSシネマズ神戸ハーバーランド

沖田が素晴らしい!土方も!というか真選組の皆が本当にかっこよかったなあァァァァ!今作は笑笑笑笑笑涙涙涙涙笑涙涙涙笑。局長の語りで号泣してしまう。

http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/sp/


2018.8.25「カメラを止めるな!」@109シネマズHAT神戸

ネタバレ踏む前に観に行けて、本当に良かった!めちゃくちゃ面白くて、後半はずっと笑っていた。映画は良いなあ!と心から思えた。

http://kametome.net/index.html


2018.8.15「フジコ・ヘミングの時間」@サロンシネマ

素晴らしい音楽と映像。何歳からでもスタートできるんだという勇気を与えてもらえた。コンサートに行きたいなあ。世界各地にあるご自宅のインテリアがとにかく素敵。

http://fuzjko-movie.com/info/


2018.7.28「モリのいる場所」@八丁座

山崎努樹木希林のタッグ、素晴らしい!淡々と1日を描いた映画なのに、こんなに濃密で賑やか。素敵な庭だった、羨ましい。

http://mori-movie.com/sp/


2018.7.22「ジュラシック・ワールド炎の王国」@109シネマズ広島

ラプトルは可愛いなぁ。4DXで観て良かった。アトラクションとしては良質なのでは。

https://www.jurassicworld.jp


2018.5.27「レディ・プレイヤー1」@OSシネマズ神戸ハーバーランド

映画館で観て良かった!想像以上に素晴らしい仮想空間だった。ポップカルチャーへの愛をしみじみ感じる。

http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/sp/


2018.5.22「名探偵コナン ゼロの執行人」@OSシネマズmint神戸

100億の男プロジェクトに参加。ビーストモードはかっこよかった。MAZDAの車つよい。

http://d-conan.jp/movie22


2018.5.24「GODZILLA 決戦機動増殖都市」@OSシネマズ神戸ハーバーランド

なんであの局面でその判断???という展開。なんのために地球に残って戦うと決めたんだ…?消化不良。

http://godzilla-anime.com/smph/


2018.3.31「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」@大阪ステーションシネマ

予告編の「never!!」のシーンで鳥肌が立つほど興奮して。そしてその場面は、想像以上だった。終始、鳥肌と涙の連続。いい映画でした、最高でした。

http://www.churchill-movie.jp


2018.3.31「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」@OSシネマズミント神戸

待ってたー!「フィフスエレメント」的なリュック・ベッソン監督作品。考えるな観て感じろ。という映画、眼福。

http://www.valerian.jp/sp/


2018.3.1「15時17分、パリ行き」@109シネマズHAT神戸

主役の3人、本人が演じてた!?と気付いたのはエンドロールのキャスト欄を眺めていた時。びっくりした、素晴らしい!

http://wwws.warnerbros.co.jp/1517toparis/sp/


2018.2.24「空海」@OSシネマズ神戸ハーバーランド

お金をかけたB級映画。たまにはこういう映画も必要なんだろう、誰かにとっては。私では無かった。

http://ku-kai-movie.jp


2018.2.18「ゴッホ~最期の手紙~」@OSシネマズ神戸ハーバーランド

全編油絵という狂気の映画。映画ってこんなこともできるんだな!?という感動に震えた。125名の画家が参加し、62,450枚との油絵で構築された映画作品。たった1,800円で観せていただけることに圧倒的感謝。

http://www.gogh-movie.jp/sp/


2018.2.3「ヒトラーに屈しなかった国王」@シネリーブル神戸

ノルウェーの国王、ホーコン7世の、「人間らしい」ところに感情移入してしまって、余計につらくてしんどかった。重たかったけど、観てよかった映画だった。

http://kings-choice-jp.com


2018.1.28「キングスマン ゴールデン・サークル」@OSシネマズmint神戸

期待をまったく裏切らなかった、最高。映画2,3本分のネタを凝縮させつつ、スタイリッシュなスパイアクション映画に仕立てあげてしまうところが素敵すぎる 。

http://www.foxmovies-jp.com/kingsman/sp/


2018.1.28「ジオストーム」@OSシネマズmint神戸

災害×陰謀×SF×アクション、てんこ盛り。そのくせ割とリアルな未来かもなと思わせる。大統領のSP役のアビー・コーニッシュがかっこよかった!

http://wwws.warnerbros.co.jp/geostorm/sp/


2017.12.31「スターウォーズ/最後のジェダイ」@109シネマズ広島

そうなるよなあと思いつつ、やっぱり寂しい。映画の外の世界も、寂しい。これからいよいよ新世代なんだなと実感。

http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html


2017.12.10「ギフテッド」@OSシネマズ神戸ハーバーランド

仕事に疲れてすこし塞いでた心が洗い流されるような、心が良い汗(=涙)をかけたような映画だった。メアリー役のマッケナ・グレイスの素晴らしい演技と、チャーミングな表情が最高。

http://www.foxmovies-jp.com/gifted/sp/


2018.12.2「GODZILLA 怪獣惑星」@OSシネマズ神戸ハーバーランド

アニメは良い、ぶっ飛んだ世界に連れて行ってくれる感じが良い。ゴジラというより怪獣ものSFアニメかな?

http://godzilla-anime.com/smph/


2017.10.29「ブレードランナー2049」@OSシネマズ神戸ハーバーランド

前作をちゃんと観てから臨むだった、と後悔。「ブレードランナー」のひとつひとつのシーンや空気を鮮烈に覚えているファンのための映画。映像は素晴らしい。

http://www.bladerunner2049.jp/sp/


2017.10.22「ドリーム」@OSシネマズ神戸ハーバーランド

1961年のNASAが舞台の仕事系ヒューマンドラマ。めちゃくちゃ元気にハッピーになれる。観て本当に良かった、最高!

http://www.foxmovies-jp.com/dreammovie/sp/


2017.10.9「ダンケルク」@OSシネマズ神戸ハーバーランド

スピットファイアかっこよすぎかー!!!まずそれ。めっっっちゃ面白かった。本当に素晴らしく緻密で、ドラマティックな映画。スピットファイア乗りのジャック・ロウデンとトム・ハーディも最高にかっこよかったなあ痺れた…!

(ここ2年、DVDを買ったのはダンケルクシン・ゴジラエヴァの3本だけだった)

http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/


2017.9.30「亜人」@OSシネマズ神戸ハーバーランド

期待以上に面白かった。佐藤さんが綾野剛って若すぎるなとか、思うところはたくさんあったけれども。あとアクションが凄かった、VFXすごい。

http://ajin-movie.com/sp/index.html

 

2017.9.17「人生フルーツ」@109シネマズHAT神戸

これまで観てきた映画の中で、最良の一本。スローライフな日々を追うだけの2時間かといえば実はそうではなくて、津端先生の「人生最後の良い仕事」のストーリーが、胸にくる。東海テレビ制作チームも、本当に素晴らしい仕事。ここまで「人生」に踏み込んだ映像を撮れるのは、信頼関係があってこそ。

http://life-is-fruity.com/sp/

 

2017.9.2「世界でいちばん美しい村」@元町映画館

上映してくれた元町映画館に感謝。2015年4月に発生したネパール大地震震源地、ヒマラヤ山岳地帯にあるラプラック村が舞台のドキュメンタリー映画。生と死と、過去と未来と、伝統と生活と、とても脆く危ういところに住まう人々が、それでも懸命に力強く、朗らかに生きている姿が美しく映った。

http://himalaya-laprak.com

 

2018.8.4「ジョジョの奇妙な冒険」@OSシネマズmint神戸

虹村兄弟最高!「美しすぎる億泰w」と思ってたけどとてもとても億泰だったので満足…形兆もとても良かった。

https://warnerbros.co.jp/movie/jojo/sp/index.html

 

2017.7.29「銀魂」@OSシネマズmint神戸

笑笑笑笑笑笑笑笑涙笑って感じ!想像以上!!キャストがドンズバすぎて本当凄かった、漫画と映画の幸せなマリアージュって実現するんだなと思った。

http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/sp/comment/

 

2017.7.1「ディストピア パンドラの少女」@シネリーブル神戸

英国産のゾンビ物が大好きなのでたまらなかった。廃墟と化した、煤けたようなロンドンの、バークレイズのビルのあたりで壁に生い茂る蔓薔薇の美しさときたら…ゾクゾクきた。

http://pandora-movie.jp/info/?page_id=5

 

2017.6.26「ローマ法王になる日まで」@シネリーブル神戸

今まで観てきた映画の中で、一番ぐっときた。なんせ現ローマ法王の半生を描いたヒューマンドラマなので。半ドキュメンタリーのはずなのに信じられない場面ばかりで、こんなことが…と何度も口を覆った。無関心からくる無知は恥であり罪だと改めて思った。もっと知らなければ。

http://roma-houou.jp

 

2017.6.10「22年目の告白」@OSシネマズmint神戸

ミステリやサスペンスや藤原竜也が大好きなので面白かった。脚本もテンポが良いし、鑑賞後に思い返すたび、隅々まで練られてるなと感心した。

http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/sp/

 

2017.5.19「壊れた心」@元町映画館

クリストファー・ドイル撮影、浅野忠信主演。私史上最高に意味がわからない映画。開始3分くらいでこれはやばいの見始めちゃったなーと思ったけど、人生にはそういう時間も必要なんだろうと思ってひたすら映像を楽しんだ。

http://tokyonewcinema.com/works/ruined-heart/

 

2017.4.22「牯嶺街少年殺人事件」@元町映画館

ずっと気になっていた映画だったので、上映してくれた元町映画館には感謝しかない。

3時間56分という、普通の映画の2本分の長さの映画だけど飽きなかった。主人公の14歳の少年と、その仲間や家族の群像劇をひたすら、傍観者として眺めていた。凛とした佇まいの少年と少女のまっすぐさ、美しさに惹かれた分、鑑賞後はしんどくて涙が止まらなかった。 

http://www.bitters.co.jp/abrightersummerday/

 

2017.4.15「パッセンジャー」@OSシネマズmint神戸

宇宙ものはやっぱり映画館で観るに限る。シンプルなシチュエーションだからこそ、主人公の気持ちにぐっと入り込めて、しんどさや喜びを疑似体験できた。

http://www.passenger-movie.jp/sp/

 

2017.4.15「GHOST IN THE SHELL」@OSシネマズmint神戸

原作未読で行って良かった!知っていたらいろいろと比較してしまうんだろうけど、単純に1作品として楽しめたので。ポスト・バイオハザードなのかな?続かないかな?

http://ghostshell.jp/sp/

 

2017.3.5「oasis FUJI ROCK FESTIVAL'09」@TOHOシネマズ 西宮OS

2009年7月24日、フジロックフェスティバル '09のoasisのライブ映画。雨の中、オーディエンスは皆めっちゃ笑顔。わかる…羨ましくて仕方なかった。きっと、同じ空間で存在できて幸せすぎるもう死んでもいい…って思ってたんだろうな。羨ましい!

http://oasis-frf09.jp

 

2017.3.4「アサシン クリード」@OSシネマズmint神戸

ゲームの粗筋も知らずに観たので、アクションや映像だけじゃなく、謎ときや主人公の選択にもわくわくできた。

http://www.foxmovies-jp.com/assassinscreed/sp/

 

2017.2.4「虐殺器官」@OSシネマズmint神戸

凄かった。めちゃくちゃ面白かった。

そして絵や風景がとても美しかった。薄暗い牢屋のような部屋での場面、月光が差す空間に舞う埃がきらきら光る様子とか。満月の下、サバンナで語る男の影の透明感とか、忘れられない。でもそれ以上に、思考的なトラウマになりそう。横っ面を力一杯張られたようなショックがある。ラストも衝撃が大きかった…ちょっと放心状態。そういう意味で、観て本当に良かった。

http://project-itoh.com/sp/

 

2017.1.29「ドクター・ストレンジ」@OSシネマズmint神戸

初マーベル(なんとなく縁が無くて…)。劇場で観て大正解。空間や地面を自在に操る系の映像が大好きなので。夢の中の世界が現出したような感覚。

https://marvel.disney.co.jp/movie/dr-strange.html

 

2017.1.7「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」@OSシネマズmint神戸

映像の虜になりそうな。魔法動物たちが大変可愛らしいし、美しいしで…良いものを見せていただいた。

http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/1/sp/

 

2016.12.24「oasis:supersonic」@なんばパークスシネマ

oasisの映画観に行くんだ、と岐阜の友人に言ったら一緒に行く!と。わざわざ来てくれたおかげでとても大切な記憶になった、感謝。

ドキュメンタリー映画だけど、音楽、バンド、ロック、青春の煌めき、人間性、生き様…本質をぐっと握りこんだような映画。やってること、言ってることは本当にクソなんだけど、最高にかっこいい。作る曲は、涙が出るほどかっこいいし美しい。

http://oasis-supersonic.jp/sp/index.html

 

2017.12.17「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」@OSシネマズmint神戸

泣きすぎて放心状態。エピソード4から一気に見返したい…デス・スターの設計図を奪取したチームのこと、4を初めて観たときからずっと気になっていたので、今回のエピソードは本当に嬉しかった。(どうしても父と観たくて、帰省して即映画館に連れて行った)

https://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

 

2016.11.19「この世界の片隅に」@シネリーブル神戸

昭和20年の広島・呉が舞台。色彩がとても美しくて、特に海の描写が素晴らしかった。良いものを見せていただいた。こうのさんの漫画の雰囲気を、見事に映像化されて。この作品を作ってくださった方みなさんに御礼が言いたい、と思った。

https://konosekai.jp

 

2016.11.5「手紙は憶えている」@シネリーブル神戸

まさかの結末にひっくり返りそうに。痴呆が始まりつつもキュートなおじいちゃんの、ほんわかロードムービーかな?と錯覚していたのに、徐々に緊迫感が高まっていく展開にゾクゾクした。良質なサスペンスムービー。

https://m.youtube.com/watch?v=Lfp20UT3t04

 

2016.10.9「カンパイ!世界が恋する日本酒」@元町映画館

映画館前で黒山の人だかりになっていたので興味がわいて。3人の男性たちのドキュメンタリー映画アメリカ人の日本酒伝道師、イギリス人の杜氏、歴史ある岩手の酒蔵の五代目。

「仕事が大好きな人の話コレクター」の私としては、本当にたまらない映画だった。

http://kampaimovie.com

 

2016.10.1「高慢と偏見とゾンビ」@OSシネマズmint神戸

18世紀のイギリス、片田舎に住む美人姉妹とゾンビハンターの貴族の恋と、ゾンビ達との戦いの日々。というなんだそれ…笑 な設定だけど超面白い。美人姉妹がたまらなくかっこよかった、すかっとした!

http://gaga.ne.jp/zombies/smartphone.html

 

2016.9.24「怒り」@OSシネマズ神戸ハーバーランド

予告映像を観るたび、坂本龍一の音楽に聴き惚れて、絶対に観ようと思っていた。

説明しようがないどろどろとした感情が渦巻く群像劇。その中に、教授の美しい音楽が静かに寄り添う、とても素晴らしい映画だった。

観終わった後の衝撃は結構でかくて、放心状態を長く引きずった。人間の心はとても重く、暗く、脆いんだけど、映像や音楽がとても美しくて、世界ってそうだよなと思った。

https://www.toho.co.jp/movie/lineup/ikari-movie.html

 

2016.8.6「リップヴァンウィンクルの花嫁」@元町映画館

岩井俊二監督、Coccoが出ている、綾野剛もいるらしい…という3点しかインプットしていなかったけれど、3時間弱、どっぷり世界に浸ってきた。Coccoが凄い!素だったのかな?良い映画を観せていただいた。

http://rvw-bride.com/sp/

 

2016.7.29「シン・ゴジラ」@OSシネマズ神戸ハーバーランド

いやもう最高。面白すぎて泣いていた。こういう映画がずっとずっと観たかった、と本気で身体が震えた。やばすぎた(最終的に劇場で8回観た)。

庵野総監督×樋口監督の最強タッグ、長年のエヴァファンかつ戦闘モノファンなのでまあそりゃクオリティ高いでしょうと思ってはいたけど圧倒された。ここまでハマれる作品に出会えて幸せ。楽しい。制作に携わられた皆様に感謝の気持ちでいっぱいで、エンドロールを目に焼き付けた。

どうやら私はこの作品を、「プロジェクトXゴジラ版」として観ているようなので、鑑賞後、明日からもまた頑張ろう!と思える。何かに一生懸命な、熱い人達の物語が好きでたまらないんだなあと実感した。

http://shin-godzilla.jp/sp/

10.dubluvyobsのリュック

いろいろありすぎた春でした。梅雨がじきに明けて夏を迎える前に、ちょっと前向きになった自分の気持ちを整理しておきたい。


10.dubluvyobs(ダブラヴヨブス)のリュック


dubluvyobsさんを知ったのは、たしかNAGASAWA煉瓦倉庫店さんのTwitterで見かけ、SNSアカウントをフォローしたのが始まりでした。帆布バッグは昔から大好きだったし、作りや色合いがとっても機能的かつクールで好みだったので!

元々、文房具や鞄は「仕事での相棒」としてこだわる傾向があって。(こないだやっとApple Pencilデビューも果たし、肌身離さず使い倒してます。愛!)

今、仕事用の鞄はMILESTOのSTLAKT バックパックを愛用していて、もうこいつ以上の有能バッグには出会えないだろって位なんですが、オフタイムに使うのは別のものが良いな~と思っていた矢先でした。

できればiPadスマホ2台、財布と鍵は入ってほしい。でもその頃使っていた月光荘の帆布のちびショルダーバッグは小さくて。可愛いけど。

なのでいつかオーダー会に行って、好みのバッグを作ってもらおう!と、半年近く、機会を狙っていました。


そんなことを考えてたら、4月に、育ての親だった祖母と伯父が立て続けに亡くなって。

両親よりも長い時間を一緒に過ごしたふたりだったから、足元がぐらぐらになって、仕事へのモチベーション(というか会社へのエンゲージメント)が急降下するし。趣味の映画鑑賞や読書も興味が失せて、割と、真っ暗闇でした。友達が支えてくれなかったら、立ち直れてなかったかも。


そんな時、dubluvyobsさんのオーダー会がNAGASAWA煉瓦倉庫店さんであると知って、だいぶ迷ったのですが、帰省前に、景気付けに行っとくか…!と乗り込んだのでした。

新幹線の時間があったので、ささっとオーダーを済ませたくて、開始20分前位から店頭でバッグを眺めていたら、クリエイターさんが早めに対応してくださって、本当にありがたかった。

なんか、自分で楽しみや喜びを見つけることに気がひける感じがずっとあったんですが、オーダーの打合せをさせてもらっている時、1ヶ月ぶり位に「楽しい!未来が楽しみ!」と思えました。

手元に届くのは7月頃、と聞いて、もうずーっと楽しみで。ずっと探していたけど出会えなかった「シルエットがぺったんこで、でも大容量で、見た目は帆布でクールな感じ、カープ党なのでポイントカラーは赤!」というリクエストをすべて満たす、私だけのオーダーメイドリュック。本当に、10年近く探し求めていたかも。


その後、少しずつ未来が楽しみになって、5月は仕事もなんとか頑張って成果も出て、これでやっと人並みな人間に戻れるかなという時。

たまたま暇してたある休日、近所の商店街の催しにdubluvyobsさんが来られるというので駆けつけ、そこで理想的な配色のミニリュックと出会い!

iPadがぎりぎり入る程度のコンパクトさ、水色×ベージュの爽やかなカラーリング。めっちゃ可愛いくて、悩んだ末にお迎え!

土日の朝、近所を散歩するのが好きなんですが、これをお供にがしがし歩いてました。軽いし可愛いし最高!目に入るだけでテンションが上がってしまいます。

f:id:shiofever:20180630150702j:image

そんな楽しいこと、嬉しいことが少しずつ積み重なって。辛いことがあっても命は続くし、生きるためには働かねばならぬのだなあ、と思っていた矢先でした。

6月、今度は母が膵臓癌と判明。ステージⅠで発見されたのが本当に奇跡だったんたけど、いろいろ長患いしていたから「命に関わる手術」と言われ、急遽帰省し、立ち会って。

手術は無事に成功したものの、しばらく看病のために帰省してテレワークさせてもらおうかな…と考えていたその翌日、今度は、自分の胃にGISTの疑いあり、要検査と診断されました。

まじかよー!と。もうさすがに笑うしかないなって感じ。まあ胃癌じゃなくて本当に良かったんだけれども!たとえ本当にGISTだったとしても、切れば終わる腫瘍だし。

でも、これまで歯医者が痛みMAX経験というへなちょこな自分だから手術は怖いし、癌家系なんだなと覚悟はしていたけどこんなに早いかよ、とやっぱりショックで。


そんな混乱した状況で、そうだdubluvyobsさんに「リュックの納品先を帰省先に変えてください」とご連絡せねば、とメールしたところ、ちょうどその日、NAGASAWAさんの店舗にリュックを納品されるとのことで。

もう、奇跡だな!?と思いました。めちゃくちゃ下がっていたテンションが、一気に引き上げられた!

その晩、仕事上がりにお迎えに行ったオーダーリュックは、最高に私好みで、素晴らしくクールで、軽くて丈夫で。最高の相棒です。母の病院へ向かう時も、この子が私の相棒。テンションを上げてくれてます。

f:id:shiofever:20180630150732j:image


その気持ちをdubluvyobsさんにメールしたら、とても喜んでくださって。ブログに書いてくださいました。

dubluvyobs: オーダーメイドは未来の自分への贈り物

https://white96anddubluvyobs.blogspot.com/2018/06/blog-post.html?m=1


本当に、4月末のあの日の私が、dubluvyobsさんのオーダー会に行ってくれて良かった。

こんな状況になってると、全然想像していなかったけど、あの時の私からの贈り物が、今の自分を勇気付けてくれています。

これからしんどいこともまだまだたくさんあるかもしれないけど、大好きな相棒たちと一緒に頑張ろう!と思えています。

dubluvyobsラブ。

9.米津玄師「Lemon」

「アンナチュラル 」にめちゃくちゃはまっていたこともあって、数日間ずっとこの曲だけエンリピしていたくらい好きだったのですが、聴けなくなってしまいました。

祖母が亡くなった日も、帰省の道すがら、ずっと聴いていました。その日は雨が降っていて、空を見上げて、そんなところも歌詞と一緒なんだもんなと思ったことを覚えています。

 

今日は四十九日があって、いま帰省の途中。あれからだんだん、いろんな曲を聴けるようになってきて、日常に戻ってきたなと実感するけど、「Lemon」を再生すると、やっぱりだめでした。

 

「夢ならばどれほどよかったでしょう」

本当にね。いまだに夢を見ます。

 

歌ってすごいですね。

一瞬で、どこまででも連れていってくれるんだから。

f:id:shiofever:20180520074008j:image

 

 

8.小沢健二

f:id:shiofever:20180429231151j:image

 

小沢健二が好きです、23年くらい。このタイミングでライブに行けるなんて、自分は小沢健二に「生かされている」んだなと、つくづく思い知った夜でした。


8.小沢健二


「春の空気に虹をかけ」2018/04/29 大阪城ホールに行ってきました。そして元気になった。すごい。オザケン凄い。誘ってくれた妹に感謝、小沢健二に感謝です。

人生で一番つらい春だったけれど、これから生きていくための力をくれた2時間でした。悲しいことも全部飲み込んで、忘れるでもなく、捨て去るでもなく、一歩ずつ歩いていきたい、と思わせてくれました。

22年前に「LIFE」を、「ラブリー」を聴いて、この先どんなに悲しいことがあっても強く生きていきたいと思った瞬間のことを思い出していました。このタイミングで、このライブに行くことができて本当に感謝です。

22年振りのオザケンでした。最高に幸せな時間だった!愛に満ちていましたた。

 


つよい人たち(強い気持ち、大きな愛が、人生を鮮やかなものにしてくれると信じている人たち)が作り上げた世界に招かれた2時間だと思っています。「LIFE」を初めて聴いた時、私は盛大に捻くれた子供だったのだけど、小沢健二が放つ力強い言葉に貫かれて、「つよい人になりたい」と思ったのでした。それから頑張って、あの頃の自分からすればそこそこ満足できる大人になったと思うのです。

4月、そんな大人になったはずの自分の足元がぐらぐら崩れ落ちそうなことばかりあって、また暗い世界に引きこもりそうになっていたけど、明るい光を思い出せてよかった。

小沢健二の世界観が、自分を強くしてくれたことを思い出せて、本当によかったです。


小沢健二のライブは今回が3回目で。1996年の「レビュー96 -甘夏組曲・ダイヤモンド組曲・サファリ96-」が初めてのオザケン(妹は初ライブだった)。アリーナの大きな空間で「LIFE」の曲を聴いて、小沢健二の歌が持つ力強さを実感したし、生きるって素晴らしいなあ、音楽って凄いなと思った初めての体験でした。

 


2回目は1996年12月の尾道での「lover」、3人編成のスペシャルライブ。初めてひとりライブだったし、尾道にひとりで行くのも初めてで、終始どきどきしていました。ライブの余韻に浸りながら歩いた商店街の風景や、「今日は名前呼んだりとかそういうの無しね」とステージ上から言われたのをよく覚えています。楽しい時間って永遠じゃないから、一度きりの邂逅を、その特別な瞬間を大事にしないといけないんだなと思ったものでした。


思えば、小沢健二のライブっていつもそういう「一生忘れられない、特別な瞬間」にしてくれるのが凄い。凄いとしか言えない…。

 

本当に素晴らしいライブでした。終始、ステージと音楽を華やかに彩った満島ひかりさん、相棒としてこんなに適任な方がいたのかと思ってしまった。(オザケンの歌詞に「光」が多かったことにも改めて気付けた)可愛くて綺麗な歌声で、本当に最高でした。思えば、祖母が亡くなる前日、たまたま「ラビリンス」にハマって一日中聴いていたので、今夜歌声が聴けて本当に嬉しかった。

そして服部隆之さんの指揮での生演奏、素晴らしかった!36人編成ファンク交響楽、最高にゴージャスでした。「強い気持ち・強い愛」で涙腺が決壊。


思えば、人間としての自我が確立した瞬間に聴いていたのが小沢健二の歌だったので、DNAに編み込まれている勢いで小沢健二が好きなのは当然なんだろうな、と、アンコールの「ドアをノックするのは誰だ? 」で踊りながら考えていました。この20年程は、聴く音楽はもっぱら洋楽・邦楽のロック系ばかりだったけど、人間としてのベースはここにあったんだな。


素晴らしい時間をありがとうございました。今夜のことは一生忘れません。

生活に帰ろう。がんばろう。

 


(メモ)SNSで見つけた東京国際フォーラムでのセットリスト。

変わってないんじゃないかなと思う。

1.アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先) 

2.シナモン(都市と家庭) 

3.ラブリー 

4.ぼくらが旅に出る理由 

5.いちょう並木のセレナーデ 

6.神秘的 

7.いちごが染まる 

8.あらし 

9.フクロウの声が聞こえる

10.戦場のボーイズ・ライフ.1

11.愛し愛されて生きるのさ.1

12.東京恋愛専科 

13.愛し愛されて生きるのさ.2

14.戦場のボーイズ・ライフ.2

15.強い気持ち・強い愛 

16.ある光 

17.流動体について 

(アンコール) 

18.流星ビバップ 

19.春にして君を想う 

20.ドアをノックするのは誰だ? 

21.アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先).2

f:id:shiofever:20180430093713j:image