memo

ひたすら好きなことについて記すメモです。

14.広島東洋カープ

球団史上初の三連覇。今年の春先は、さすがに三連覇は難しいのでは…と思っていました。こんなに強くなるなんて。5年位前は、想像していませんでした。

 

 

14.広島東洋カープ

 

広島出身です。大学進学で関西に出てくるまでは、生粋の広島人でした。

子供の頃は、伯父や父がガチの鯉党だったので、毎シーズン市民球場に行っていました。当時の球場は野次が凄くて、それが当たり前だと思ってたなあ。実家の近所に監督やコーチ陣が住んでいて、同級生の親が監督だったりもしたので、カープはとても身近な存在でした。

進学してからは、離れた分、一層カープの情報を収集するようになって。広島と自分を繋ぐ縁だと思ってました。

その頃のカープはめちゃくちゃ弱くて!万年5位、6位で、話題が無さすぎてカープ犬ミッキー君とか、ブラウン監督のベース投げとかがスポーツニュースに取り上げられて、「それしかネタ無いもんねえ…」と思いながら。優勝争いに加われない悔しさ、情けなさを感じながらも、ファンも、たぶん選手も、負け犬根性が染み付いてしまっていたんだろうと思います。

新井さんが「優勝できるチームでプレーしたい」と言ってFAした時、悔しくて悔しくて。出て行かないで、と球団宛に、泣きながらメールを送った夜のことは今でも忘れられないです。可愛さ余って憎さ百倍的に、もう一生、許せる日は来ないだろうと思っていました。

その新井さんが引退するその年に、三連覇を達成。新井さんが、黒田さんが帰ってきてくれて。若い選手たちの成長を加速させてくれて、チームをひとつに纏め上げてくれて。

本当に強いチームになりました。今はチームに居ないけど、マエケンや琢朗さんの「俺たちは勝てる!」と言いきってくれた、前を向かせてくれた言葉たちのおかげでもある。有能すぎるスカウト陣のパワーも素晴らしい。

サヨナラ勝ちをした9/23のズムスタでしみじみ思った、ファンの声援が、10人目の選手なんだと思いました。投手が苦しくなった時に、自然に巻き起こる声援、拍手。届いている、力になっている、と実感できました。

 

カープが広島にいてくれるだけで幸せ。

怪我なく元気でプレーしてくれたら、もっと幸せ。

試合に勝ってくれたら、一日中幸せ。

Aクラスに入ったら、強くなったなあ、頑張ったもんねえと晴れがましい。

優勝したら、まるで夢みたい。長い長い夢を見てたのかなと信じられない気持ちでふわふわ。

二連覇したら、だってこんなに良いチーム、球団なんだもん、と誇らしく思いつつ、でもどこかで、嘘みたい、信じられない。

(日本シリーズ進出を逃して、ああ…ほらやっぱり大事なところで勝てないんだ…と、万年5位だった頃の弱さを思い出して卑屈な気持ちに)

そして、三連覇。強くなったなあ、あんなに頑張ったもんね、と涙しか無かった。

優勝決定戦で、10-0という、完璧に強いカープ野球を魅せてくれたのが、本当に嬉しい。九里のパーフェクトなピッチング、誠也の気迫溢れるヘッドスライディング、先発全員安打、猛打賞、中崎の三者三振。強い!

 

個人的に、野間が大ブレイクしたことが本当に嬉しくて。毎年キャンプでバットを振りまくって、掌を豆だらけにして頑張ったのを見ていたから、本当に本当に嬉しいです。

 

毎年、中国新聞で、選手の年俸をチェックして、ちゃんと皆が評価されているか見守っていた鯉党の伯父が四月に逝去して。どうやってこの三連覇を伝えたらいいんだろう、と考えていた数週間でした。きっと天国で観て、喜んでるよね。おじちゃん、カープ、三連覇したよ!凄いよね!!!

f:id:shiofever:20180926222032j:image

 

【解説】広島 今季圧勝 その理由 | NHKニュース

www.carp.co.jp