memo

ひたすら好きなことについて記すメモです。

22. R.NEWBOLD

34年ぶりの日本一を逃したカープのことを書こうかと思いましたが、ちょっと心の傷が深すぎるのでまた後日。

ちょうど今朝「2016年にブランド廃止になっていた」という衝撃の事実を知ったR.NEWBOLD(アールニューボールド)について。

 

22.R.NEWBOLD

 

ポールスミスのセカンドライン的なブランドです。思春期の頃、メンズライクな服が好きだった頃にめちゃくちゃ憧れていて。少ない小遣いやバイト代をやりくりして、ちょっとずつアイテムを買いためていました。

f:id:shiofever:20181103233254j:image

大学生になり、社会人になり…スーツばかりを着るようになって、大丸のメンズフロアに行くこともほとんど無くなりました。けど今朝、ふと「今年のマフラーはR.NEWBOLDがいいな、買いに行こう」と思って支度をしていたら、クローゼットにイメージど真ん中のマフラーを見つけました。数年前の私ありがとう…すっかり忘れていた。

f:id:shiofever:20181103230911j:image

マフラーを買ったことを忘れていたのも衝撃だったのですが(たしか買った直後、手編みのマフラーを貰ったので、ほとんど使わなかったのかも)さらなる衝撃はその後、2016年にブランド廃止になっていたということ…ショックでした。昔、ショップへ通っていた程度のライトなファンなので、今更…と自分でも思うのですが、それでも。「思い出の場所が無くなってしまった」ような、寂しさと喪失感があります。

今も、NEWBOLDのブランドロゴを見ると、胸がキュンとなります。大好きでした。

 

 R.NEWBOLDの歴史について。

www.fashion-press.net

ブランド廃止について書かれている記事。

Rニューボールドの撤退は、90年代の手法が通用しないことを証明している – 南充浩 オフィシャルブログ

2009年、UKロックフェスとのコラボアイテム。当時こういうアイテムがたくさんあったなあ。

ism.excite.co.jp

2015年時のコレクション。

sp.houyhnhnm.jp

 

ポールスミスに憧れていて、でもとても手が出せる価格帯ではないから、カジュアルでリーズナブルなセカンドラインに…という興味の流れ方でした。けど、元々ワークウェアなテイストに興味があったし、古き良きブリティッシュな雰囲気が本当に大好きで。夢中だった時期は、MEN'S NONNOを愛読して、毎シーズンのラインナップを楽しみにしていました。シャツや半パンをよく買っていたかな。着すぎてよれよれになって捨ててしまったけど、取っておけばよかったです。絶賛後悔中。

今、手元にあるのは、今朝クローゼットから発掘したマフラーと、大きめのバッグだけ(これも使いすぎてヨレヨレになっているけど、好きすぎて手放せなくて)。ZIPPOとか時計とかも愛用していたのに。残しておけば良かったなあ。ブランド自体が無くなってしまうなんて、想像してなかったから。

 

ブランドを生かし続けることは難しいのですね。改めて実感しました。これからは、好きなブランドや作り手さんには「好き」と言葉にして伝えること。そして自分がインフルエンサーとしてブランドを広めて繋いでいこう、と思うのでした。