memo

ひたすら好きなことについて記すメモです。

4.スマホゲーム

好きなものを語り尽くす・4番目。本当は「アンナチュラル」について書きたいのだけど、まだ消化しきれていないので…
唯一、1年半ほど続けてプレイしているスマホゲームについて記します。

 

 

4.スマホゲーム

 

2016年10月から始めた箱庭ゲーム、ムーミン谷。

moominvalley.poppin-games.com
Pokémon GOもアビスリウムも刀剣乱舞も続かなかったこの私が!唯一、毎日やり込んでいるアプリゲームです。
最低でも1日5回はログインするし、イベント時の週末は20分ごとにチェックします。それでも、まだLVやランキング的にはペーペーです。ガチ勢には程遠い。
ガチ勢は私の母と妹です。ふたりの指南があって、やっとここまで来たなという感じです。

元々、私が始める2年前ほどから妹がはまっていて、ムーミン好きな母も巻き込まれ。家族LINEや帰省で見聞きしては、気になっていました。
でも庭づくりのセンスは無いし、ふたりほどやり込める自信もなく。マリオの1面がクリアできない程度のゲーム能力の低さですから、そもそも面白さがあまりわからず。
ところがある日、妹がLINEで送ってきたこの画像

f:id:shiofever:20180325173834j:image

これはたまらん、と。
鯉党としては、始めざるを得ない、と。

 

でもこのレベルまで行くのは、なかなか大変です。まずは1枚の畑と一粒のコーヒー豆を与えられて、それを育てるところから始まり…徐々に畑が増え、育てられる作物や、大工小屋で作れるモノが増え。
海釣りができ、オーブンで作れるメニューが増え、雑貨屋で交換できるモノが増え、土地を拡大し。やっと今、ここまで来ました。

f:id:shiofever:20180325173858p:imagef:id:shiofever:20180325173955p:image

ちなみに母の庭はこのような。美しすぎか…

f:id:shiofever:20180325173920p:imagef:id:shiofever:20180325173939p:image

 

ムーミン谷アプリにハマってしまう理由を5点にまとめてみました。

 

1.庭づくりの楽しさ
自分のオリジナルの庭が作れるところが最高ですね。私はマンション暮らしですが、家族がガーデニング好きなので、花や樹木をいかに美しく配置するかを考えるのがめちゃくちゃはまります。
母や妹の庭が本当に美しくて羨ましい。いざ自分が作るとなると、持っているアイテムやデコの関係で、いろいろ制約もあるのですが。
母は治水や区画整備レベルで配置を考えていて、なんかすごい。町づくりか。

 

2.ランキングイベント
大小いろんなイベントが催されるのですが、毎月末の土曜から始まる1週間のランキングイベントが熱い。順位によって、もらえるデコのレベルが変わります。えげつないほど変わります。
母や妹は、無課金勢に関わらず、結構上位に食い込んでいます。すごい。私は2,000位に入れたらいい方です。

最近はイベントのために資材を備蓄しています。それが次に挙げる魅力に繋がっていると考えています。

 

3.マルチタスク・戦略性
ムーミンアプリにはいくつかのタスクがあります。畑、焚き火、オーブン、大工小屋、海釣り、フライヤー、編み物の各コーナーでモノを作り、たとえば編み物が完成したら雑貨屋で牛乳や卵と交換してもらい、デザート類を作る。そしてバスケット、フライパンで調理をし、発明で潜水艇などを建造する。

<参考>

作れるもの一覧 ようこそムーミン谷へ箱庭攻略 - わらさんブログ


いかに効率よくモノを作り、イベントで上位入賞するために資材を備蓄していくか?という戦略を練るのが最高に楽しいです。資材備蓄の目標・数値管理がやりやすいスマホアプリ無いかなあ…母の手作り管理ボードのようなものを再現できると最高なんですけども。

f:id:shiofever:20180325174157j:image


4.キャラクター
活動を重ね、レベルが上がっていくと、谷を闊歩するキャラクターが増えます。元々ムーミンが好きな人たちは堪らないんだろうな。
私はゲームからムーミン好きになったくちなので、ムーミン展に行ったり、絵本を読んだりすると「ああ、こういうキャラだったの!?」とか思っています。ムーミンの原作は奥深いなあ。姪がもうすこし大きくなったら、全作プレゼントしたいです。

f:id:shiofever:20180325174214j:image

f:id:shiofever:20180325174235j:image

 

5.会話
戦略とか備蓄状況について、よく母と討議します。お互い、イベントで上位を目指すための目標数値を設定しており(潜水艇は最低5個、焼きマメルクは最低10個…等)いかに日々の仕事や生活時間の合間を縫って、効率よく資材を貯めるか?という至上の命題について。
母、妹、私でチャートを作りながら、気がつけば1時間くらいは余裕で経っている。生産性の向上とかマルチタスクとか好きな人には堪らないゲーム性だと思います。
今のところ、我が家の戦略としては、先に「マメルク」を大量に釣り上げておいて、潜水艇と焼きマメルクを用意しておき、あとは難易度が高めの複合物から順に備蓄していく…というやり方がベストではと考えています。
毎月目にする母のスコアラーぶりが奮っていて、こんな才能があったんだな…と妹と慄いています。
そんな母の最近の悩みは、LV70の上限です。谷の拡張もやり尽くしているので、ランキングで上位入賞するしか喜びがないらしい。LV100位まで上限を引き上げていただきつつ、谷のスペースを拡げていただけると嬉しいかな。

f:id:shiofever:20180325174310j:image

 

3人でよく、無課金で上位入賞できるよう頑張ろう!と誓い合っていましたが、さすがに、これだけ遊ばせていただいて何もお支払いしないのは申し訳ないな…と、ルビーを少しずつ購入させていただいています。もっと谷のスペースを拡張して、家や樹木のデコを置きたいな。
楽しませていただいているゲーム制作会社さんには感謝です。ずっと続けていきたいゲームです。